美人になる「保湿」心得NOTE

保湿はぷりぷりお肌にとっての必須条件。保湿対策のためのスキンケアをまとめています。

お灸はどんなことに効果がある?

ecn067b-s-jpg体を温める方法として、美容の分野からもお灸が注目されています。実は温めることだけでなく、あたたまることで色々なメリットがあります。

  • 冷え・肩こりの軽減
  • 疲労回復
  • 朝スッキリ起きられる

もぐさの香りに包まれ、じわっと温まるお灸は最初は熱いのを我慢する感じですが、慣れてくるとこれがだんだんハマってきます。もっと熱く!という感じで心地よさがやみつきになりますよ。 そもそも、もぐさは植物。自然にある植物の力を借りて体が健康になるのは自然なことのような気もします。お灸をする場所にもよりますが、目の疲れにも効くそうです。リラックス効果もあるので効果は絶大です。 ドラッグストアにもお灸はたくさんの種類が売られています。最初はソフトタイプのものからはじめて、慣れてきたらハードタイプにステップアップしていくのが良いでしょう。ハードタイプになればなるほど高温の温度が上がります。⇒市販のお灸カタログ 手先の冷えや肌の乾燥、足先の冷えにも効果があります。お灸をしたあとはマッサージをすると、お灸をせずにマッサージをするよりもほぐれるのが早いです。アロマ灸は香りも楽しめるので、部屋の中がお線香くさくなってしまうのが気になる人にはオススメ。 アロマオイルとの併用でリラックス効果をもたらします。女性ホルモンの乱れ、肌荒れにも良い効果があります。

美容に関する効果

美容効果も期待できるお灸。血行改善で透明感がアップするのはもちろん、栄養を肌の隅々まで送り込んでくれるので肌荒れなどの改善も早くなるんだそうです。ホルモンや水分バランスが整うのでむくみ解消やダイエットにも良いんです。

  • 美肌効果
  • リフトアップ
  • むくみ改善
  • 女性ホルモン
  • ダイエット

ホルモンの乱れからくるニキビや乾燥肌も改善。針で筋肉を温めることでほうれい線にも効果があります。 お灸はツボに温熱刺激を与えるので自然治癒力を高め、古くから親しまれてきました。体には361個のツボがあるので自分に合ったツボに置けば効果は絶大。 また、お灸は習慣にすることで効きやすくなります。最初はあまり効果がわからないかもしれませんが、続けていくことで徐々に体の変化に気付くはず。針と組み合わせるとさらに効果を引き出すことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Page Top